So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

腱鞘炎その後 [がんの記録annex]

2月から週に一度通っていたマッサージのお陰で、
腱鞘炎が随分と楽になりました。
痛かった左手首もサポーターなしでいられるようになったのはもちろん、
(手首と指に負担がかかる作業は極力しませんが)
ここ数年、指や手首や腕が硬くなって、ピアノが弾きにくくなっていたのが
随分と解消され、楽にピアノが弾けるようになって来ました。

今はでも、手を広げたり捻ったりすると、負担がかかって痛くなりそうなので、
比較的手に優しい曲を練習しています。
(ラヴェルのクープランの墓は、手にあまり負担がかからない曲が多いので、
最近よく弾いています。)
と言っても、1日1時間ぐらいが限界ですが・・・

楽器を演奏する人間は、やっぱり手のメンテナンスが大事なのだなぁ、
ということを、今回は身をもって知りました。

状態が少し良くなったので、マッサージは今後、
週に1度ではなくて、手に疲れがたまって来たなぁ、と思ったら行く、
という感じで行くことになりました。
多分、2週間〜1ヶ月に1回ぐらい?
あと、本番の後なんかは必ず診て頂きたいと思っています。

それにしても、ホルモン剤(アリミデックス)を飲み始めて5ヶ月、
今のところ腱鞘炎にはマッサージが効き、
他の関節には今のところ痛みが出ていないのはありがたいです。

ただ、自律神経失調症にはやはりなりやすいようで、
このところの天候不順がしっかりたたって、
このゴールデンウィークはほとんど寝て過ごしましたとさ・・・
(今日は少し復活)
コメント(0) 
共通テーマ:健康

ゆるめること [がんの記録annex]

このところは、歯の治療と腱鞘炎の治療をしながら、
割と平穏な生活を送っています。
と言っても、このところの気候の変化に身体がついて行かない日もあり、
1日中寝て過ごす日もありますが・・・
でも、割と動ける日もあるので、ありがたいです。

最近の私の目標は、心と身体を「ゆるめる」ことです。

腱鞘炎の治療でマッサージの先生に言われたことは、
私の腱鞘炎は、長年ピアノで手を酷使して来て、
固まってしまった結果の痛みである、ということです。
そして、長年たまってそうなったものなので、すぐに解消できるものではなく、
私の場合だと、自由に手が動くようになるまでには、1年ぐらいかかるだろう、
とのことでした。
(ただ、その間ピアノが弾けないという訳ではなく、
より手に負担の少ない弾き方を工夫してどんどん弾いて下さいとのこと)

そう言えば思い当たります、これまで自分の身体に対して、
色々と無理して来たのに、そのためにメンテナンスをきちんとして来なかったこと・・・
高校の頃からずっと肩こりで、治ることがなかったし、
ピアノは手が小さいので、とにかく大きく手を広げて出したい音が出せれば良し、
という感じで弾いてしまっていたし、
近年はパソコンやタブレットで、やはり肩や手、目を酷使しているし・・・
あぁ、身体を本気でいたわり、ゆるめることを覚えなければ・・・

という訳で最近心がけていることは、
♪腹式呼吸・・・朝ふとんの上で必ず腹式呼吸をして、
手足をブラブラ動かしてから起きる。
♪本屋さんで見つけた、最近流行りの「骨ストレッチ」を購入、
仕事の合間にやってみています。
(腱鞘炎で骨ストレッチの基本フォームがつらい時もあるので、無理のない範囲で)
♪お風呂では、身体がよく温まってから、手足に冷水をかけ、またお風呂で温まる、
ということを何回か繰り返す(本当は全身に冷水をかけると良いらしいのですが、
腰から下に冷水をかけたら血圧が上がってしまったので、今は手足のみ)。

あと、ピアノを弾く時に心がけていることは、
♪ピアノを弾く前には手をお湯につける。
♪弾き始めにはハノンの1番をゆっくり入念に弾く
(ハノンの1番が手に負担が少ないので、腱鞘炎の手にちょうど良いのです)。
♪手首の角度、椅子の高さ、指の角度、その他色々試して、手に負担の少ない弾き方を研究中。
♪弾き終わった後は、手を冷水と温水に交互につけて、手をゆるめる。
♪手が疲れたり痛い時は、後でマッサージ機(振動するタイプと、電流を流すタイプ)を使う。

他にも、ゆる体操とか、ミオンパシーとか、
気になる方法もあるのですが、
(ミオンパシーは、本を読んで、寝る前に肩こり対策を時々やっています。
素人のセルフ整体でも、少し凝りが楽になるような気がします。)
一度にすべてはできないので、身体に合うかどうか検証しながら、
自然にやってみようと思えるものを試してみようと思います。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

まだ色々起こるなぁ [がんの記録annex]

今年に入って、色々と小さな身体の不調が起こっている中、
まだ打ち止めにならず、もう一つ起こりました!

それは、胸の痛み・・・と言っても、
乳がん関係というよりも、肺炎か心臓か?というような痛みです。

今週月曜日の午後、ソファに座って安静にしていた時に、
なんだか、気管支のあたりが痛い・・・
深呼吸をすると、そこが押されるような痛みがあります。
でも、大した痛みではなかったので、
風邪かな?と思い、漢方の風邪薬を飲みました。

火曜日になると、少し楽になったので、
やっぱり風邪だったのかな?と思っていたら、
水曜日の明け方、痛みが再発、今度は前よりも痛く、
左鎖骨の下や左乳房の下まで響く感じになりました。

これは心臓かもしれない・・・と、
肩や心臓周りの血行を良くしてくれる漢方薬を飲んでみると、
(これまでにも、喉のあたりがキュッと絞られるような症状は時々あったので、
この薬を常備しています)
1時間ぐらいで軽くなりました。

でも、今までとは違う感覚の痛みだったので、
一度ちゃんと診てもらおう、と、近くの病院に行きました。

胸のレントゲンを撮って、まずは呼吸器関係は問題ないとのこと、
じゃあ、心臓かも?ということになったのですが、
そのクリニックは何人かの医師がシフト制で診て下さる病院で、
心臓の専門医は金曜日にならないと来ないとのこと、
発作もとりあえず治っていたので、その日は帰り、金曜日に出直しました。

まず心電図を撮ってから診察があり、これまでの経過を先生にお話したところ、
私の症状は、どうやら心臓が原因ではない、とのこと、
昨年の健康診断のデータと照らし合わせて今回の心電図を丁寧に診て下さり、
心音も聴いて下さり、その上で、
一つ一つの可能性を挙げながら、細かく説明して下さいました。
(心筋梗塞、狭心症、大動脈瘤・・・etc.)
それを大雑把に言うと、呼吸や外側からの力で痛みが変化するのは、
心臓由来の痛みではない、とのこと。
そして心電図と心音にも問題がないそうです。
先生の理路整然とした説明に納得、安心することができました。

原因は結局、わからない、ということです・・・(;´д`)
可能性としては、更年期障害によるもの、
肋間神経痛、ホルモン剤の副作用等があるのですが、
断定はできず、でもいずれにせよ命に関わる状態ではないとのこと、

ただ、これまでとまた違うタイプの痛みや不快感、
症状が出た時は、すぐ来て下さい、とのことでした。

やっぱり手術を受けたり、放射線を浴びたりすることで、
身体の各部分も微妙にバランスが崩れて、
色々と出て来るのかしら・・・?

でも、これ以上あんまり変な症状が出ないと良いなぁ・・・

ちなみにとても優しいダンナさんは、
今回も心配して通院につきあってくれたのですが、
多分そうやって心配している家族の方が、
精神的には本人よりも辛いのだと思います。

その疲れが出てしまったのか、
昨日の夜は、ハサミを使っている時に右手の親指に突き刺してしまい、
たくさん流血してしまいました。
どんなにダンナさんに負担をかけていたのか、と思うと、
申し訳ないです。

しかし、おぉ、気づけば今週はイエス様が十字架にかかられた受難週、
しかも昨日は、十字架にかかられたその日ではないですか!

妻のために流血したダンナさんは、
イエス様の十字架の苦しみにもあずかったのですね!
明日の復活祭で、本当に夫婦ともども復活できると良いな。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

色々と起こるなぁ [がんの記録annex]

歯の根の治療が始まり、
腱鞘炎が徐々に楽になって来て、
日曜日に大きな仕事が終わって、ホッとしていたら、
やって参りました次の試練!

月曜日の夕方、ソファに座っていただけなのに、
右脇腹が痛くなって来ました。

最近便秘気味だったので、そのせいかな?
と思って、お腹をマッサージしてみたり、
体勢を色々と変えてみたり、カイロで温めたりしてみたのですが、
なんか、いつもと違っていて、何をやっても同じように痛い・・・
息をすると痛いので、浅い呼吸しかできない・・・

このまま夜を迎えたら、夜中に救急車、
という事態もあるかもしれない、と思ったので、
病院がまだ開いているうちに、まだ自分が歩けるうちに、
(近くに、夜の7時まで診療してくれる病院があるので)
診てもらおう、と思って、すぐに向かいました。

ダンナさんは、実はその日の夜から、
久しぶりに一人旅に向かうことになっていて、
あと3時間ぐらいで出発、という時だったのですが、
病院まで付き添ってくれました。

そしてお腹のレントゲンとCTを撮って頂いたところ、
大腸憩室炎、という診断でした。

原因は、便秘やストレス、食生活などらしいのですが、
便秘で強くいきんだ時に、腸の壁の弱い部分がぷくっと外側に飛び出すことがあり、
それを憩室と呼ぶそうです。

憩室は無症状であれば放っておいても大丈夫だそうですが、
時々便がそこに詰まってしまって、炎症を起こすことがあるのだそうです。

もともと便秘体質だし、しかも昨年から色々とあったから、
腸も疲れていたのかなぁ・・・

あと、日曜日の仕事の時には、前日からホテルに泊まって、
食生活改善後は食べなかったものを久しぶりに食べたり、
量もいつもより多く食べたので、
腸もびっくりして処理し切れなかったのかもしれません・・・

でも血液検査の結果、病状はそれほど重くない、ということで、
点滴はしなくても良いとのこと、
今はビフィズス菌と抗生物質を渡され、
(また抗生物質か〜、と思いますが、それでないと治らないらしい)
それを飲みながら様子を見ています。

昨日はまだ、お腹も痛いし、少し熱が出たり、頭痛や吐き気があったのですが、
今日は少し痛みが薄らいで来て、少しホッとしています。

それで、ダンナさんは、私の付き添いをしてくれた後、
私の病状がおおごとではなかったので、予定通り旅に出ました。

途中で四万十川の鰻なんか食べているようで、いいなぁ〜
(今は鰻どころか、おかゆとスープの私)
コメント(0) 
共通テーマ:健康

腱鞘炎と歯痛 [がんの記録annex]

がんの治療の難しい部分が終わって、
ホッとしているはずのこの頃ですが、
腱鞘炎と歯痛の医者通いが続いていて、結構忙しい(笑)日々です。


腱鞘炎は、前回の日記にも書いたように、
紹介して頂いた鍼灸の先生のところに、週に1度ぐらいの割合で行っています。

正確に言うと、トラディショナルな鍼灸マッサージ、というのではなくて、
「メディカルマッサージ」という技術らしいです。
スポーツ選手が故障した時や、あるいは故障を防ぐために受けるものらしく、
とにかく1時間、手首を中心に浅い鍼を刺しながらマッサージをして下さいます。

今3回ぐらい通ったところなのですが、
やって頂く度に手首の調子が良くなって行って、
ピアノが弾きやすくなって行くようです。

私の場合、何十年も前からピアノを弾いてたまって来た筋の疲労があって、
それを少しずつほぐして、本来の動きを取り戻すように
施術して下さっているそうです。

単純な腱鞘炎だと、この先生は一回で治してしまうそうなのですが、
(紹介してくれた漢方の先生は、一回で治ったとのこと)
私は一回では治らない、それだけ年月のかかった腱鞘炎なのですね。
(治りにくいのには、ホルモン剤の副作用も多少あるのかもしれません)

とりあえず良くなって来ている感覚があるので、
継続して通ってみようと思います。


それからもう一つが歯痛。
こちらはちょっと困ったことになっていました。
それは、歯科の先生とのコミュニケーションがうまく行かないこと。

1月から痛んだり、歯茎が腫れたり、歯が浮いたり、ということが
何度か繰り返し起こっていた治療済みの歯について、
先生は、「この次痛んだら、すぐに神経を抜く治療をしましょう。」
とか、「次回、神経を抜く治療をしましょう。」
とかおっしゃるのですが、毎回行くと説明もなしにいきなり違う治療をされます。
歯の掃除だけだったり、腫れた歯茎を切開したり・・・

先週は本当に痛かったので、神経を抜く治療をお願いします、
と言ったら、「今日は準備がないのでできません。」とのこと、
また2週間後の予約と言われました。

はぁ!?その間、また鎮痛剤で持たせろと・・・?

もう2ヶ月ぐらい、断続的に鎮痛剤やら抗生剤やら、
化学物質ばかり飲んで、がんの再発をしたら笑えないよ!

そこで、「もうお薬を飲み続けるのは嫌なんです。がんの再発も怖いですし。」と言ったら、
「じゃあ、お薬は飲まないで下さい。」
「でも今週末に大きな仕事があるので、歯が痛いままなのは困るんです。」
「じゃあ、その時だけ飲んで下さい。鎮痛剤は飲んでも大丈夫ですから。
それに今日治療したとしても、すぐに治る訳じゃないんですよ。」

もう先生のおっしゃることが支離滅裂・・・

という訳で、これまでの先生は見限って、
別の歯科に行ったところ、
そこは痛みがある場合はすぐに診て下さるところで、
電話をかけた翌日にすぐに診て、治療を始めて下さいました。

歯のレントゲンを撮って診て下さった後に「これは痛かったですよね。」
と言われた時は、あぁ、やっと人間扱いしてもらえる、
という気がしました。

とりあえず痛みや腫れの症状が随分楽になり、
あと何回か通えば治る希望が出て来て、ホッとしました。

お医者さん、と言っても、色々ですねぇ。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

放射線治療終了 [がんの記録]

放射線治療が先週の木曜日で終了しました。
4週間にわたって19回の照射、長いと思っていたけれど、
毎日通勤するように通っていたら(ラッシュアワーじゃなかったけど)、
あっという間のようにも思います。

でも、やっぱり疲れがたまっていたのか、
あるいは放射線の副作用なのか、
連休中は何もできずに寝たり、ボーッとしたり
していました。

皮膚の方は結局、多少赤みが出たのと、
乾燥でたまにかゆみを感じたぐらいで、
大きな副作用はなく終わりました。
1〜2週間ぐらいで皮膚はもとに戻るらしいです。
治療から帰って来たら必ず保湿剤を塗って、
治療に行く前に洗い流す、ということを毎日していたのが
良かったのかもしれません。

それで、がん以外で今の問題は、歯と腱鞘炎です。
昨年、手術の直前から治療して頂いていた奥歯、
12月に最終的な詰め物をして終わったと思っていたら、
1月に入って急に痛み出しました。
歯医者さんに行くと、これは根が深かったので、
神経が圧迫されて一時的に痛んでいるものなので、
鎮痛剤を飲んで様子を見るように、と言われていました。

数日後に確かに痛みは治まったのですけれど、
今度は歯が浮いて、しかも歯茎が腫れて来ました。
そこで、次回の治療で、もう一度詰め物を剥がして、
神経を取る治療をすることになりました。

そのために抗生物質を飲んでおいて下さい、
と渡されたのですけれど、体質的に抗生物質に弱いので、
あんまり飲みたくないなぁ、と思いながら飲んでいます。
(発疹が出たり、お腹を下したり・・・)

せっかく食事や生活に色々と気をつけているのに、
強い薬を飲むことで、がんが再発したら嫌だなぁ・・・

なので、自然の免疫力を高めてくれるという、
マヌカハニーもせっせとなめています。

もう一つの問題は左手の腱鞘炎です。
昨年、ホルモン剤を飲み始める前から痛くなった左手首、
原因は多分、フライパンの振りすぎと思われるのですが、
その後整形外科に通って治療をしても、
なかなか良くなりません。
おまけにこちらからも、ずーっと鎮痛剤が出ていて、
こんな薬漬けになりたくないなぁ。

今週末からピアノを弾く仕事があり、
今月末には一つ小さいけれど本番があり、
来月にはちょっと大きめの本番があります。

それまでに何とか治りたいなぁ・・・
という訳で、今日これから、
漢方の先生に紹介して頂いた鍼灸の先生のところに
行って来ます。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

放射線治療中 [がんの記録]

放射線治療を始めて、15回目の照射が終わったところです。
早くもあと4回になりました。
毎日寒くて、インフルエンザが猛威をふるって、
雪が2回降った中を、虚弱体質の私が何とか毎日通えているというのは、
神様のご加護という以外にありません!

気になる副作用なのですが、
照射している箇所の皮膚が、多少赤くなっていて、
押すと多少中が痛い(鈍痛)、
乳首が少し乾燥していて、かゆみが出やすくなっている、
という感じです。

手術以後、夏に使っていたブラトップを着ていたのですが、
そのやわらかいカップでも、当たるとちょっとかゆみが出るので、
今は、手術直後に身につけていた「胸帯」をつけています。
これだと、柔らかい布でできているので、大丈夫です。

毎週1回、担当医の先生の診察があるので、
先日そのかゆみと赤みについて尋ねて、診て頂いたところ、
「これはまだまだ大したことないです。」と言われました。

そうなのか、放射線の副作用として問題になる皮膚炎は、
もっと大変なものなのか・・・
という訳で、良かった、と安心する気持ちの一方、
そんなにひどくならないと、病院ではケアしてもらえないのか、
と、ちょっと複雑な気持ちにもなりました。

まぁ、「がん」という病気を治療するということは、
それだけ重篤な副作用と闘って行くということなのでしょうね。
そして、やっぱり自分で自分のケアや治療のあり方を
決めて行かなければならない、ということなのだと思います。

それから、2日ぐらい前から、
少し身体のだるさが増したような気がします。
これは、気候のせいなのか、
通院の疲れなのか、放射線の副作用なのか、
よくわからないのですが、
できるだけ無理をせず、疲れたら寝るようにして、
あと4日、何とか通い通せたらと思います。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

放射線治療が始まりました [がんの記録]

今週月曜日から、放射線治療が始まりました。
今4日通ったところですが、今のところ副作用は感じていません。

先生のお話では、皮膚炎等の副作用が出て来るのは、
後半になってから、とのこと。
今から皮膚炎ができるだけ出ないように、
治療の後家に帰ったら、保湿剤を塗るようにしています。
でも、保湿剤が治療の時に残っていると、
皮膚がただれたりするらしいので、
翌日病院に行く前に保湿剤を洗い流してから行きます。

副作用はまだ感じないのですが、
毎日病院に行くのは、やはりそれなりにきついです。
また今は、週に何回か、左手の腱鞘炎のために整形外科にも寄りますし、
その帰りに買い物や用事なんかも済ませると、結構体力を使います。
若い頃だったら、何ともないことだと思うのですが、
更年期以後下がった私の体力だと、ちょっときついです。

今は料理をきちんとすることも健康管理のために必要なので、
それもあまり手を抜けない・・・
でもダンナさんが色々と手伝ってくれるので、何とかできています。

一つうれしいことがありました。
火曜日に、手術して頂いた有明病院で血液検査と診察があったのですが、
血液検査の結果は悪くありませんでした。
免疫力もまだ下がっておらず・・・それももちろんうれしかったのですが、
コレステロール値が下がっていました!
特に悪玉と言われるLDLだけが12月から30も下がっていました。

私は健康診断でコレステロールを測るようになってから、
ずっと上がる一方で(初めて異常値になったのが、30歳ぐらいの時)
何をやっても、食事を改善しても、運動しても、
下がることがなかったのですが、
今回初めて下がりました!

何がどうなってそうなったのかはよくわからないのですが、
最近の食生活が身体に合っているのは確かなようです。

前回の日記にも書いたように、
血圧も正常に戻ってしまったので、
がんになる前の食生活は、色々と気をつけていたけれど、
(減塩で、野菜をたくさん、大豆製品をたくさん、)
気をつける方向が全く私の身体に合っていなかった、
ということかな、と思います。

よーし、このまま続けるぞ〜!
コメント(0) 
共通テーマ:健康

血圧が下がったみたい(途中経過) [がんの記録]

私はここ数年、徐々に血圧が上がって来て、
冬などは上が160、下が90代になって、
夜眠れなくなったり、頭が痛くなったりしていました。

うちは両親とも年を取ってから高血圧だったので、
食事はずっと塩分控えめ(たまに食べる外食が塩辛い!)、
それにもかかわらず両親も私も高血圧になるのは、
遺伝で仕方がないのかな・・・と思っていました。

でも、前に書いたように、がんをきっかけに食事を変えたところ
(食品添加物を取らない、野菜はできるだけ農薬や化学肥料を使わない
有機野菜にする、さらにできれば在来種の野菜を食べる、
農薬がかかっている可能性のある野菜は、焼成カルシウムに漬ける等)
血圧が正常に下がりました。

今は大体上が110代、下が80ぐらいです。
(ちょっと緊張した時は上が130位のことも)

直接何がどうなってそういうことになっているのかは
わからないのですが、
少なくとも今の食事は、血圧的には良いらしいです。

ちなみに最近、腹式呼吸もよくやっていて、
(朝起きる前は必ず)
その効果もあるのかもしれません。

ただ、野菜をたくさん食べる生活になった割には、
悪玉コレステロールが高めなのと、便秘気味なのは
まだ課題です。
コメント(0) 
共通テーマ:健康

放射線治療、そして腱鞘炎 [がんの記録]

25日に、放射線治療を受ける病院に行って来ました。
これまでの経過を担当の先生にお話したり、
放射線治療の流れについて説明を受けたりしました。

年末年始はもう予約がいっぱいとのことで、
年明け後1月中旬から治療をすることになりました。
月曜日から金曜日までは毎日、土日だけ休むとのこと。

ただ、回数については、最初は30回と聞いていたのが、
19回で済むそうです。
最近は、19回の照射に短縮して行うことが一般的で、
一回当たりの照射は強くなる訳ですが、
効果は 30回と変わらず、副作用はむしろ軽くなるそうで、
期間が短いので患者の負担も少なく済むとのことです。

主な副作用としては、照射した箇所の皮膚が乾燥したり、
多少かゆみが出たりということがあるそうですが、
乳房が縮むとか、リンパ浮腫が出たりということは
ほとんどないとのことです。

放射線治療についてはそれなりに調べて、
色々と覚悟していたのですが、それよりも軽く済むことになって、
かなり安心しました。
(それでも出ちゃった時は受け止めようと思いますが)


がんとは別に、
2週間ぐらい前から左手首の腱鞘炎になってしまったようで、
自宅での手当てでも治らないので、
音楽家の手を専門に診て下さる整形外科にも行きました。

レントゲンとエコーを撮って下さったところ、
あっさり「これは腱鞘炎ですね。」とのこと。

こちらもしばらく、リハビリに通うことになりました。

腱鞘炎は、注射の治療が早いそうなのですが、
ステロイドを使うことになり、それが女性ホルモンに当たるので、
ホルモン治療をしている私は、できるだけ避けた方が良いとのこと。

そこで、リハビリと湿布と飲み薬で経過を見て、
それでもダメな時は注射を考えましょう、
ということになりました。

その日早速リハビリ治療を受けて、
湿布を貼って、飲み薬を飲んだら、
少しだけ痛みが和らぎました。

こちらも年末年始はお休みで、
年明けから本格的に通うことになるので、ちょっと大変ですが、
幸いなことに、放射線治療の病院とこの整形外科が割と近いので、
なんとかハシゴできそうです。

コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。