So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

どう生きるべきか [でもクリ日記]

昨年うちにいらした、パリ在住の画家のWさんが、
「日本のテレビを見ていると、
何か不安を煽るようなことばかり言っているように思う。」
とおっしゃっていました。

その時は、なんとなくわかるような、
でも、あまりにも毎日の日常生活にテレビがあるので、
実のところは自分で見えていないような気がしました。

でも、Wさんがおっしゃった言葉が割と心の中にとどまって、
最近テレビを見る時に、その「不安」について考えています。

その「不安」に色々と気づくのですけれど、
(政治的なこと、世界情勢などはもちろん)
私自身に今直結している、卑近な問題の一つに、
健康問題があります。

最近日本のテレビで流行っている傾向として、
健康寿命を延ばし、高齢になっても元気に過ごす、
というのがあります。
(政府がそういう方針を打ち出している訳です。)

だから、こういう運動しましょう、とか、
こういう栄養素を摂ると良いでしょう、とか、
お酒や脂肪分はほどほどに、とか、
そういったことが毎日のように色々な方向から言われて、
専門の先生方が言うのだから、それなりに気をつけよう、
とか思う訳ですけれど、
翌日には、別の先生が真反対のことを言ったりもする・・・
なんだか、専門の先生方の権威の言葉によって、
私たちの生き方が右往左往している感じ・・・

でも果たしてそういう先生方のおっしゃる説に従って、
健康に注意を払いながら生きることが、
本当に、すべての人にとって、
最善の生き方ということなのか?

例えば、お酒をガバガバ飲んで、
肝臓を壊して、早死にした、という人が居たとしましょう。

テレビが言う、「健康的な生き方」とは全く違います。

でも、その人が、誰かと一緒にお酒を飲みながら、
楽しい時間を過ごし、その楽しい時間が、
一緒に過ごす仲間の心を癒したり、
誰かの心の救いになっていたりした、とか、
お酒を飲んでストレス発散することによって、
その人ならではのすばらしい仕事を成し遂げた、
ということがあった場合、

その人にお酒をやめさせ、
「健康寿命」を延ばし、長生きさせることが、
果たしてその人にとっての最善の一生なのか?
ということなのです。

もちろん、テレビの言うことなんか、気にしないさ、
と言って生きれば良いのだけど、
そんな番組ばかり繰り返しやっているので、
だんだん洗脳されて来たり、
そうできない自分が、ダメな人間なんじゃないか、
と思えて来たりすることもあります。

でも、イエス様は、
「自分の命のことで何を食べようか何を飲もうかと、
また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。」
とおっしゃいました。

そう、食べる物や着る物は、
神様から与えられるのであって、
自分の身体を大事にするのは良いことだとしても、
それ以上に何か思い悩む必要はないし、
そういうことに右往左往する生き方は、
神様を大切にする生き方ではないのだと思います。

(そういえば、着る物についても、テレビでよく、
ファッションチェック、とかやっていたり、
今年は、◯◯が流行っています、とか言っているのですが、
こちらは私は割と強気で、
「うるせえや。私は好きなものを着るんだ!」
と思っています。)

私の信仰のおじいちゃん(と勝手に思っている)、
安部哲さんは、
どんなに医者や周りにダメと言われても、
タバコをやめず、すごいヘビースモーカーだったそうです。
でも、それで世界の果てまで、
すごいエネルギーで福音を伝えて歩きました。

神様がダメと言われるもの以外ならば、
私達は何をやっても、良いのだと思います。
それ以外の何かから、ダメ、と言われても、
基本的にうろたえる必要はないのだと思います。

神様を畏れ、神様以外のものは恐れない、
という強い信仰を持ちたいなぁ、と思います。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不調 [その他]

昨年の12月後半から、ずっと不調が続いています。
寝込むほどではなく、昨年に比べると楽なのですが、
身体がだるくて、動けない日が多くなっています。

つらい時だけ飲む漢方薬を飲んだり、休んだり、
工夫をしてみるのですが、あまり効果がありません。
(軽い運動なんか、ほとんどする気にならない)

昨年も1月にうつっぽい状態になったので、
寒くて暗いこの時期に弱い体質になったのかもしれません。
(昨年よりもずっと軽症ですが)

あせっても仕方がないので、
とりあえず毎日、これならできるかな?
と思うことだけをしています。

あ、でも最近、ダンナさんに毎日、
おにぎらずを作れているのは、ありがたいです。
ダンナさんも最近、仕事がハード過ぎて元気がないので、
少しでもお昼ご飯を食べて元気を取り戻してほしいのです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダンナさんの本が その2 [その他]

ダンナさんの本がどのぐらい売れているのか、
時々ネットで調べている妻です。
(本屋さんの紹介ページとか、在庫状況とか)
ダンナさんの本を取り扱う業者さんのページが増えて、
すごいなぁ、と思います。
一生懸命に良い本に仕上げて出版して下さった会社が、
黒字になるといいなぁ、と思います。

という訳で、ダンナさんの本を色々と追跡していたら、
最近、日本各地の図書館とか、大学の図書館で、
所蔵して下さっているところがあります。
先日ダンナさんが一つ一つ調べてみたら、
全国で十数か所の図書館で、所蔵されているようです。

すげぇ…

ダンナさんとしては、この本を書いた当初は、
全く売ろうとか、当てようという気がなく、
もちろんそれで生活の糧を得ようなどと露ほども思わず、
(これからもそういうことはないそうです)
ただ楽しんで研究していただけだったそうですが、
そういったものが、図らずも多くの方々と分かち合えるようになったのは、
とても素敵なことだな、と思います。

神様が書かせて下さった、というのは、こういうことなのかな、
と思います。

私自身は、全然そうじゃないところで、
ずっと音楽、いえ、「音が苦」をしていた人間なので、
ダンナさんのそういった生き方から、多くを学びます。
(最近はやっと、「音が苦」から音楽になった私なり)

私はといえば、先日、
ハンドベルに編曲した、「こうもり序曲」の初演があり、
中学生の素晴らしい演奏に、
びっくりポン!感動しました。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アニメ動画配信サイト [プチオタ日記]

私が大好きな声優Yさんの声を、たくさん聴きたい!
と思って、先日、某アニメ動画配信サイトに登録しました。
いい年こいたおばさんなのに・・・

でも、好きなんだも〜ん(声だけですよ、ダンナさん!)。

最近は、テレビでアニメをやっていると、つい耳をそば立てて、
Yさんのご出演がないか、確かめてしまいます。
なので、最近は心なしか、テレビのチャンネルを
7か9に合わせることが多い・・・(首都圏在住なり)

でも、Yさんの声はとても低いので、
主人公を務めることは少なく、
割と、一回で殺される悪役、とか、
時々出て来て力を発揮する忠臣とか、そういう役回りが多く、
こちらから積極的に探しに行かないと、
なかなかお声が拝聴できないのです。

それに、大人向けのアニメご出演が多く、
テレビではたいてい夜中12時過ぎのオンエアになるんだけど、
オバさんは夜11時には寝ないと、身体がもたないのよ。

昨年はそれゆえ、池袋の◯ニメイトにおばさんながら突撃して、
Yさんのお声が聴けるCDをいくつか購入し、
(ダンナさんにも買ってもらった)
しばらくそれでニヤニヤ満足していましたが、
アニメのDVDは、と思うとすごく高くて、
おばさんのお小遣いでは手が出ない。

だって、全12話ぐらいのシリーズを(1話が25分ぐらい)
2話ずつぐらいに分けてあって、
色々と付録やボーナストラックをつけて、5000円ぐらいで売ってるの!
そんなんで全12話買ったら、12÷2×5000=30000円が飛ぶのよ!

信じらんない!

それでも、若い方々は買うのね・・・
そのためにがんばって働くのね・・・
オトメロードのあたりを歩いている人たちって、
実はすごくがんばっていて、偉いのね・・・

でも、私はそこまでYさんの声に情熱を傾けられず、
(一番好きなのはダンナさんだし・・・
こういうのをリア充オタクというのか・・・?
おばさんでもいいのか・・・?)
かと言って、一応まがりなりにも大人が、
不法にアップされた無料動画なんか見る訳にも行かないぞ!

という訳で、何とかならないものかと思っていたのです。

すると、ある時知りました!

お金を払って最新のアニメを合法的に視聴できるサイトが
あるということをっ!
しかもそこならば、1話が200円ぐらい、一括購入すれば、
2000円以内で全話が視聴できる!(期限つきだけど)
夢のようなサイトじゃないか!

若い人の間では当たり前のことなのかもしれませんが、
おばさんが一人でここまでたどり着き、登録の決心をするのには、
少し時間が必要でした・・・

それで、とりあえず登録して、
先日は、◯ンパンマンを全話視てみました。

いや、あの、パンの妖精がいっぱい出てくる、
子供が大好きなアニメじゃないです・・・
あれのパロディっぽい要素もあるんだけど・・・

Yさんは、1話分のご出演しかありませんでしたが、
なかなかの存在感で、良かったです。
(やっぱりいい声だなぁ。)
作品自体も、ただのヒーローものではないところが良い、
妙に身につまされるような、やるせなさを感じたり、
考えさせられるところもあり、
おばさんでも楽しめました。

あぁ、それにしてもおばさんのプチオタ道はどこへ向かって行くのだろう・・・
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

◯みゅ◯みゅできなかった [プチオタ日記]

ここ数年、私にしては珍しく、
髪を長く伸ばしていて(背中ぐらいまで)、
色々な髪型を楽しんでいました。

シュシュも色々と買ったし、
かんざしや髪留めを揃えたり、
ガラス工芸をしている友達(プロ)に注文して、
ガラスのかんざしを作ってもらったり・・・
夜会巻きってやつも、簡単なものならば自分でできるように
なりました。

でもね・・・
ここへ来て、髪をまとめたりケアしたりするのが
面倒になっちゃった。
あと、微妙に頭頂部がハゲて来たような気もするので、
思い切って髪を切ることにしました。

本当は、昨年の秋頃から、切りたい切りたい、と思っていて、
でも、なかなか美容院に行けなかったのです。

美容院になかなか行けなかった理由は、
ゆえあって、家から3時間かかる、
実家の近くの美容院でなきゃ嫌だからです。

ここは、私が高校の頃からお世話になっていて、
私を担当して下さる美容師さんも私より少し年上の方なのですけれど、
この人は、絶対に手抜きをしないで、
いつ行っても、とても丁寧に、気持ち良くやってくれます。

そんなの、美容師として当たり前なのかもしれないけれど、
私がその美容師さんと出会うまで、
そうじゃない日々が続いたのです。

新しいお店に行くと、大抵一回目は、とても丁寧にやってくれます。
それで、前回良かったから、ともう一度行くと、
今度はひどく手抜きになるのです。
あるいは、最初の数回は良くても、
段々クオリティが下がって行くのです。

それから、何回か行くうちに、
やれ今度はパーマをかけろ、とか、色をつけろとか、
そういうことをしつこく言って来るのです。

それが、その美容師さんと出会ってからは、
そういうことは一切なし!
絶対に手を抜かないで、綺麗に仕上げて下さるし、
(カットだけで、1時間近くかかります)
私がカットだけ、と言えばカットを、
そして、相談した時だけ、
良いと思うことをアドバイスして下さいます。

そういうところが気に入って、
今でも片道3時間かけて、そこに行くのです。

で、今回の話。
「今回は、◯ゃりー◯みゅ◯みゅみたいな、
ショートボブにしたいんです。」
と言ったら、
ちゃんとipadで、◯ゃりー◯みゅ◯みゅの
画像を検索して、やってくれました。
でも、髪を染める訳ではないし、
カラコンを入れたり、つけまつける訳でもないので、
普通のショートボブになりました。

でも、今回もやっぱり、
とても丁寧にして下さって、大満足!

それで、意気揚々と帰って来たのですが、
ダンナさんが私を見て一言、
「◯ゃりー◯みゅ◯みゅもそうですけれど、
◯瀬すずっぽい感じもありますね。」

えぇ〜!?
いや、そういう方向を目指したんじゃないんだけど・・・
おばさんだしね・・・
いや、◯ゃりー◯みゅ◯みゅだって若いけどさ・・・

そこで、人に「髪切った?」と聞かれる度に、
「◯ゃりー◯みゅ◯みゅみたいな髪型にして下さいと言ったの。」
と精一杯の予防線を張っている私です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ダンナさんの本が [音楽日記]

ダンナさんの本が、それなりに売れているらしい・・・
楽譜専門店の◯マハのウェブショップでは、
評論、随筆、読み物部門の1位になっています!

おぉ、すげえ・・・
思わずそのページを印刷してしまいました。
ランキングは毎日変わっちゃうし、
こんなことは一生に一回しかないだろうから)

それにしても、ダンナさんが十年近くかかって、
(聴いて来た年数を考えると、もっと?)
楽しみながら研究したものに、
共感して、楽しんで下さる方が居るというのは、
素敵なことだなぁ、と思います。
コメント(0) 
共通テーマ:音楽

不具合 → 直りました。

ただ今、私の以前の日記「めう日記」に不具合があります。
「めう日記」を見ようとすると、
別のページに飛ばされ、あなたのパソコンウィルスに侵されたので、
対策ソフトをダウンロードします、という表示が出ます。
なので、不具合が直るまで、アクセスなさらないで下さい。

なお、このページ「続めう日記」と、おかあさんの介護日記は大丈夫です。

・・・・・・・・・・・・

ブログの不具合、So-netのサポートに問い合わせをしたところ、
丁寧に教えて頂いて、直りました。
原因は、古いブログパーツのせいでした。
今はちゃんとめう日記にアクセスできるようになりました。
コメント(0) 

今年の目標 [その他]

年が明けて、もう6日経ちましたが、
今年の目標を書いておきます。

1、ネガティブ思考を越えて、新しいヴィジョンを持つ。

これは私の一生の課題なのだと思いますが、
私はネガティブ思考がとても強いのです。

それでも以前から見れば、随分とそんな自分を
客観的に眺められるようにはなりましたし、
あまりとらわれなくなって来ました。

でもやはり、体調が悪い時、
物事がうまく行かない時は、
すべての悪いことが、すべて自分のせいであり、
自分は死んでしまうべきだ、と感じます。
(本当に、冗談ではなく、郵便ポストが赤いのも
みんな私が悪いのだ、と感じます!)

意識の上では、
私は神様に造られ、神様に愛され、
この世で神様とともに歩むために生かされている、
と理解していて、
それを疑うことはありません。

でも、言葉にならない心の奥に、
自分の存在を抹殺するべきだ、という感覚が
どうしようもなくあって、
私の力が弱くなると、表に出て来ようとするのです。

これはもう、理由なんかなくて、ただそう感じるのです。
幼少期から私の意識の奥深く埋め込まれた
思考パターンなのだと思います。

私はこれまでこの感覚とずっと闘って来ました。
そして、クリスチャンになってからは、
真っ黒だった心の中が、少しずつ光に照らされて、
随分と明るくなったと思います。

更にダンナさんと結婚してからは、
ダンナさんが毎日のように私に、
私が良い存在であると言い続けてくれるので、
ダンナさんのポジティブ思考に助けられ、影響を受けて、
変わって来たように思います。
(なんて有難いことでしょう!)

だから、今年はもう一段、
できれば昇りたいなぁ、と思います。

具体的には、何か楽しいこと、私らしいことで、
神様とともに歩めること、
そういったヴィジョンが神様から与えられたら良いなぁ、
と思います。

私のからっぽで闇しかなかった心のコップに、
少しずつ神様の命の水が注がれて、
そのコップが一杯になったらきっと、
その水が溢れ出して、
神様とともに新しいヴィジョンが始まるのだと思います。

でも、いつ私のコップが一杯になって、
いつ新しいヴィジョンが始まるのか、
それは「神様の時」で、神様だけがご存知です。

私が「今年始めたい」と思っても、神様が、
「まだまだ・・・」とおっしゃるかもしれません。
でも、昨年あたりから、ちょっと、
「行けるかもしれない・・・」という感覚を持つ瞬間があって・・・

その日までは、私は今日の自分の
トホホ(ネガティブ思考)を抱えながら、
今日の私ができることを黙ってしようと思います。

2、体力をつける。

ここ数年、更年期で心身ともに辛い日々が続きましたが、
昨年の後半あたりから、
あまり病的な疲れを感じなくなって来ました。
また疲れを感じても、
休めば半日ぐらいで復活できるようになりました。

でも、体調が悪かった間、本当に何の運動もできず、
仕事や買い物以外は、ナメクジのように家に貼り付いていたため、
筋肉がとても落ちて、
身体全体が硬くなってしまったのを感じています。

昨年は糖質制限をしたり、栄養管理をしたりして、
体重は少し減ったのですが、
なにぶん運動不足なため、
いわゆる「サルコペニア肥満」になってしまっているのを
感じています。

ですから、今年は身体を無理のない範囲で動かして、
失った身体の柔らかさや筋力を
少しでも取り戻せたら、と思います。

でもまだ、体調が完全に回復した訳ではないし、
回復したとしても、以前よりは年を取っているので、
無理は禁物、できることから少しずつです。

とりあえず、身体を動かした記録を
カレンダーの上につけはじめました。

今できることは、テレビでやっている5分間の体操をする、
ストレッチやゆるいヨガをする、
といったことぐらいです。

10分もやれば、もういっぱいいっぱいですが、
それでも少しずつ続けられたら良いのではないかと思います。

ちなみに、無理せず、できそうなことを続ける、
ということは、自分の成功体験になって、
ネガティブ思考を抜け出すためにも良い方法らしいです・・・

とりあえずこんなことを考えている年の始めです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスに四谷怪談 [プチオタ日記]

25日のクリスマスは、
クリスチャンのポン友と、
国立劇場でやっている歌舞伎の「四谷怪談」を
観に行って来ました。

クリスマスにクリスチャンが怪談!?

でも、切符を取ろうとしたら、
その日しか取れなかったんだも〜ん!

松本幸四郎市川染五郎親子の共演で、
お岩さんと伊右衛門のお話だけではなく、
その二人の設定と関係の深い、忠臣蔵の仇討ちのお話も
取り混ぜて構成してある筋立てでした。
(伊右衛門は、奥さんを殺した悪人であると同時に、
塩谷判官の家を裏切って高師直の家についた悪人、
ということでもあるらしい)
最初に、染五郎扮する作者の鶴屋南北の口上があって、
最後は討ち入りで終わる、という趣向。

お岩さんのお話の部分は、やっぱりドロドロで救いがなく、
舞台全体も暗くて、思いっきり陰鬱な雰囲気に・・・
(でも、幽霊になったお岩さんの、宙づりとか、
あちこちに出没するからくりとか、
よく出来ていたなぁ・・・)
でも、最後の仇討ちのチャンバラは、
これが歌舞伎の殺陣かい?と思う程、スピーディで華やかで、
照明もパッと明るくて、
それまでの鬱々とした気分を一気に払う感じで終わったので、
「あぁ、これで安心して年を越せる。」という気分になりました。

(仇討ちにしたって、人を殺す話で、
決して「スカッ」とする内容じゃないんだけど、
「スカッ」とするように描かれるし、
みんなそれで納得しちゃう訳で・・・)

ポン友とは今後も時々、歌舞伎を観に行くと思います。
コメント(0) 

クリスマスイブ [でもクリ日記]

今年のクリスマスも、24日の夜は、
教会の燭火礼拝でオルガンを弾いていました。

今年のクリスマスは、世界中でも、あまり「盛り上がる」、
という感じではなかったように思います。
先日テロ事件のあった、パリでは、
厳戒態勢の中ミサが行われたようでした。

(私も、オルガンを弾きながら、私も頭のスミで、
ここにテロリストが入って来て撃たれる、
ということもありうるのだなぁ、
あるいは、将来は日本の教会も襲撃されることが
あるのかもしれないなぁ、と思いました。)

うちの教会に来るお客様も、
いつもよりも少なめだったような気がします。

でも、そんな世界情勢だからこそ、
平和を求めてクリスチャンが深く祈るクリスマスに
なったようにも思います。

私の教会でも、今年の燭火礼拝では、
聖フランシスコの平和の祈りをみんなで唱えて祈る
時が持たれました。

でも、今の世界情勢の原因の一つには、
キリスト教の国がイスラム教徒を迫害し、
搾取して来た歴史があることを思うと、
(日本も加担しているのだけど)
私たちが何を本当に見るべきなのか、
何を悔い改めるべきなのか、何を願うべきなのか、
それを見誤らないように、
よく目を覚ましていないといけないと思います。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。